HOME>特集>楽器を購入するのが初めてであれば、導入した後を考える

申込も様々

演奏

中古ピアノの選び方となるのは、数百万もするために価格重視、品質重視、さらに購入後のサポートに重点をおくことが大事になります。申込も、実店舗に展示品一台のみであれば、予約制や抽選とするケースもあります。楽器専門店ではなく、ピアノのみを取り扱う専門店には、実物が置いていない場合もあります。自社倉庫に保管(管理)されている場合もあり、仮の売買契約を済ませてから実物に触れるケースもあったり、成約してからなど異なります。価格重視ならば、見積もりを提示してもらいましょう。

場所の確保

演奏

選び方次第で、事前準備も異なります。中古だから価格だけで選んでは、返品や処分するハメになる可能性も無きにしもあらずです。例えば、電子ピアノかグランドピアノか、大型かコンパクトサイズかによって搬入時にクレーンが必要になることもあります。設置できる場所の準備、経路は整っているでしょうか。

国産と輸入の違い

豊富に取り揃う中古ピアノ、選び方としてブランドをチェックしましょう。基本、メンテナンスや部品交換などが、難なく行えるのは国産ピアノです。輸入楽器の場合には、部品を海外から取り寄せるなど、申込までに時間や手間がかかる可能性も少なからずありますし、中古ですから壊れやすさを加味して国産を選びましょう。

音への配慮

ピアノの選び方としては試弾ができるか、準備としては音の響きを重視して、消音機能の後付けができることを考えます。電子版ならば、音量調節や中古のヘッドホンを購入すればいいのですが、機能なしならば、防音対策をする準備も必要になります。

広告募集中